宝くじの当選確率は?どれが一番当たりやすいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝くじで高額当選を目指して、買っている方もいるのではないでしょうか?
高額当選が狙えるクジは様々なものがあります。一番有名なものはジャンボ宝くじですね。その他にもロト6、ロト7、toto BIGもあります。
しかし、実際に当選された方はほとんどいないでしょう。結局どのクジを買うのが一番当たりやすいのでしょう?

 

 

ジャンボ宝くじ(第669回年末ジャンボ宝くじ 1等前後賞7億円)

ジャンボ宝くじは1,000万本を1ユニットとして、その中に一等は1本なので、確率は1,000万分の1です。

 

ロト6(最高2億円)

ロト6は1~43の数字の中から6個選ぶので、組み合わせ総数は6,096,454通りとなります。ですので当選確率は約610万分の1です。

 

ロト7(最高8億円)

ロト7は1~37の数字の中から7個選ぶので、組み合わせ総数は10,295,472通りとなります。当選確率は約1,030万分の1です。

 

totoBIG(最高6億円たまに10億円)

totoBIGは14試合の勝ち、負け、引き分けを当てるので、3の14乗で4,782,969通りとなります。当選確率は約478万分の1です。

 

当選確率についてはtotoBIGが一番当たりやすいですね。当選金額についてはロト7が最高額ですが、たまにtotoBIGが10億円となりますので、総合するとtotoBIGが一番当たりやすく、当選金額も高額になる可能性が高いですね。

 

当選確率順

1.totoBIG  478万分の1

2.ロト6  610万分の1

3.ジャンボ宝くじ  1,000万分の1

4.ロト7  1,030万分の1

 

当選金額順

1.ロト7  8億円

2.ジャンボ宝くじ  7億円

3.totoBIG  6億円(10億円の場合は1位)

4.ロト6  2億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す