泊まれる本屋さん『BOOK AND BED TOKYO』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

R-STOREが手がける『BOOK AND BED TOKYO』が9月末にオープンします。場所は池袋で「本のある暮らし」を提案している本のセレクトショップSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSがブックセレクトを、デザインを谷尻誠・吉田愛率いるSUPPOSE DESIGN OFFICEが担当します。

コンセプトは「泊まれる本屋」

「本を読んでいたら、いつの間にかマブタが重くなり、気づいたら朝を迎えていた」という誰もが一度は経験した事があるであろう、最高に幸せな「寝る瞬間」を提供するとのことです。

ターゲット

外国人観光客や国内旅行者がターゲットとなっていますが旅行者だけでなく、デイタイムのラウンジスペースがあるので宿泊以外でも立ち寄ることができるようです。

施設詳細

開業予定

2015年9月末

場所

東京都豊島区西池袋1177 ルミエールビル7階

アクセス

各線 池袋駅より徒歩1分

構造

本棚の中にベッドスペースが埋め込まれています。
BOOK-AND-BED01

BOOK-AND-BED02

先行公開

7月13日(月)~7月25日(土)の間、BOOK AND BED TOKYOのデザインを一足早くSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS内で公開されます。

公式HP

BOOK AND BED TOKYO

http://bookandbedtokyo.com/

SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

http://www.shibuyabooks.net/

SUPPOSE DESIGN OFFICE

https://www.suppose.jp/

R-STORE

http://www.r-store.jp/

まとめ

フカフカなマットレスや軽く暖かい羽毛の布団は無いですが、本に囲まれて眠ることができる幸福を味わえるホステルです。
多国籍な雰囲気の中で本棚の隙間で寝る不思議な体験をしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter Facebookもやっています

 Twitter  → こちら
Facebook  → こちら


 取り扱って欲しい記事がある場合はコメントかTwitter、Facebookにでも書き込んでくださいね。
基本的に興味を持ったことばかり書いていますのでネガティブな記事にはなりませんので。


 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す